しにゃごはん blog

深夜のおつまみと男飯!!

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

【レシピ】カリカリ豚こまとれんこんの甘辛炒め

f:id:shinya_gohan:20210420055506j:image


今日はシャキシャキ触感が魅力のれんこんと、年中価格が安定しているリーズナブルな豚こま肉を使ったボリューミーな1品をご紹介します(*・ᴗ・*)و!

 

豚こまは、塩こしょうで下味をつけて片栗粉をまぶして焼くことで、余分な脂が落ちてカリカリ触感の絶品に꒰ᵕ⑅̆ᵕ꒱

 

味付けは少しコチュジャンを加えたクセになる甘辛味で、ご飯ががっつり進む系のレシピです( ´͈ ᗜ `͈ )♡

 

それでは作り方をご紹介します♬

 

 

 

 

カリカリ豚こまとれんこんの甘辛炒め

【材料】2~3人分

◎豚こま肉・・・300g

◎れんこん・・・200g

(豚こま下味)

◎塩こしょう・・・少々

◎片栗粉・・・大さじ1.5

(甘辛ダレ)

◎しょうゆ・・・大さじ2

◎みりん・・・大さじ2

◎酒・・・大さじ2

◎砂糖・・・大さじ1

コチュジャン・・・大さじ1/2(なくてもOK)

(お好みで)

◎きざみネギ・・・適宜

◎いりごま・・・適宜

◎糸唐辛子・・・適宜

 

 

 

 

【作り方】

1.れんこんは皮をむき、7、8mm程度の輪切り、もしくは半月切りにし水にさらしますます。

f:id:shinya_gohan:20210410073504j:image

f:id:shinya_gohan:20210420060530j:image

 

2.豚こま肉に塩こしょうと片栗粉をまぶしてきます。

f:id:shinya_gohan:20210420060558j:image

f:id:shinya_gohan:20210420060812j:image

 

3.れんこんの水気をキッチンペーパーで拭き取り拭き取り、大さじ3程度の油をひいたフライパンにれんこんを敷き詰め、中火で両面を焼いていきます

f:id:shinya_gohan:20210420061343j:image
f:id:shinya_gohan:20210420060830j:image

焼けたら一度別の器に移しておきます。

f:id:shinya_gohan:20210420060844j:image

 

 

 

4.豚こまをフライパンに広げ、中火で加熱しカリカリに焼いていきます。

f:id:shinya_gohan:20210420060857j:image

ひっくり返して両面をカリカリに焼いていきます。

f:id:shinya_gohan:20210420060913j:image

 

5.豚こまに火が通ったら余分な油をキッチンペーパーで拭き取り、先ほどのれんこんと(甘辛ダレ)を加えて全体に絡めるように煮詰めていきます。

f:id:shinya_gohan:20210420061404j:image

f:id:shinya_gohan:20210420061419j:image

 

7.全体に(甘辛ダレ)が絡んだら器に盛り付け、お好みできざみネギ、いりごま、糸唐辛子を散らしたら完成です。
f:id:shinya_gohan:20210420061438j:image

f:id:shinya_gohan:20210420061451j:image

 

 

甘辛ダレでがっつりご飯が進みます♬

お子さまから大人まで嬉しいボリューミーな一品が完成しました(*・ᴗ・*)و!

 

カリカリ豚こまとシャキシャキれんこんのダブル触感がたまりません( ´͈ ᗜ `͈ )♡

コチュジャンを加えることでクセになるピリッと甘辛味が際立ちますよ♬

 

リーズナブルで簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね(๑˘ᴗ˘๑)*

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【レシピ本発売中】

電子書籍版もこちらからご購読いただけます

 

 

先日ご質問の多かったポリカ製のボウルはこちらを使用しています。

軽くて割れない♬レンジも使えておススメです(*・ᴗ・*)و!

 

 

同じく質問が多かった包丁を研ぐシャープナーを張っておきますね(๑˘ᴗ˘๑)*

めっちゃお手軽に包丁の切れ味がよみがえります!

テクニックも何も必要ないので本当にオススメです(*・ᴗ・*)و!