しにゃごはん blog

深夜のおつまみと男飯!!

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

【レシピ】牛すじ肉のネギだくおろしポン酢

f:id:shinya_gohan:20210119224241j:image

今日はおつまみ界の王道、牛すじを使ったおつまみレシピをご紹介します(*・ᴗ・*)و!

日本酒にピッタリなやつですね♬

 

牛すじは下処理をきっちりする事で、臭みなくプルプル柔らかに仕上がりますよ(๑˘ᴗ˘๑)*

 

今回は王道のおろしポン酢に、たっぷりの刻みねぎを加えましたよ♬

さらにお好みで柚子胡椒を加えるのもオススメです(´艸`)*

 

それでは作り方をご紹介します♬

 

 

 

 

 

牛すじ肉のネギだくおろしポン酢

【材料】2人分

◎牛すじ肉・・・200g(下茹では500g分あります)

◎大根・・・1/3本

◎ネギの青い部分・・・1本分(下茹で用)

(調味料)

◎ポン酢・・・大さじ4

◎めんつゆ(2倍濃縮)・・・大さじ2

◎柚子胡椒・・・小さじ1(お好みで)

(あとのせ)

◎きざみねぎ・・・たっぷり

◎七味唐辛子・・・適宜(お好みで)

 

 

 

 

 

【作り方】

1.まずは牛すじ肉の下処理をします。

牛すじ肉を鍋に入れ、たっぷりの水を加えて沸騰するまで茹でます。

f:id:shinya_gohan:20210120070455j:image

 

2.沸騰するとこんな感じであくが浮いてくるので、一度ザルにあけてスジ肉についたあくを流水で洗い流します。

f:id:shinya_gohan:20210120070525j:image

f:id:shinya_gohan:20210120070547j:image
f:id:shinya_gohan:20210120070551j:image

 

3.一度鍋についたあくを洗い流し、もう一度牛すじ肉を入れ、ネギの青い部分と水を加えます。

通常の鍋の場合、蓋をしてこのまま弱火~中火で1時間半~2時間程度茹でます。

f:id:shinya_gohan:20210120070701j:image

f:id:shinya_gohan:20210120070725j:image

 

圧力鍋の場合は加圧するまで強火で加熱し、加圧後は中火で10分程度加熱した後火を止め、圧が抜けるまで待ちます。

f:id:shinya_gohan:20210120070845j:image

 

4.この間に大根おろしをつくり、よく水気を切った後、調味料を加え合わせて混ぜておきましょう。

f:id:shinya_gohan:20210120070913j:image

f:id:shinya_gohan:20210120071003j:image
f:id:shinya_gohan:20210120070959j:image
f:id:shinya_gohan:20210120070956j:image

 

5.茹であがったら(圧が下がったら)牛すじの水気を切り、一口大に切り分けます。

※今回は200g程度使い、残りは後日牛すじカレーに使います。

f:id:shinya_gohan:20210120071020j:image

f:id:shinya_gohan:20210120071033j:image

 

※この旨味たっぷりのゆで汁もカレーやスープに使えるので置いておきます。

f:id:shinya_gohan:20210120071054j:image

 

6.大根おろしと一緒に器に盛り付け、お好みで刻みネギをたっぷりと加え、七味唐辛子を加えたら完成です。

f:id:shinya_gohan:20210120071106j:image

f:id:shinya_gohan:20210120071123j:image

 

 

 

下茹でに時間がかかるのが難点ですが、その分トロトロで旨味たっぷりの牛すじポン酢が完成しましたよ✧*。(ˊᗜˋ*)

柚子胡椒とめんつゆ風味の牛すじポン酢が最高です( ´͈ ᗜ `͈ )♡

 

「どうしても下茹でがめんどくさい!」という方は下茹で済みの牛すじ肉を購入し、工程4から始めてもOKです(*・ᴗ・*)و!

 

実質茹でてる間は放っておくだけなので、お気軽に挑戦してみてくださいね(๑˘ᴗ˘๑)*

 

 

 

 

 

 

先日ご質問が多かった包丁を研ぐシャープナーを張っておきますね(๑˘ᴗ˘๑)*

めっちゃお手軽に包丁の切れ味がよみがえります!

テクニックも何も必要ないので本当にオススメです(*・ᴗ・*)و!

 

同じく質問の多い包丁はこちらです(*・ᴗ・*)و!

 

 

【レシピ本発売中】

電子書籍版ならすぐに購読していただけますm(_ _)m